家族・趣味

長男がADHDと診断されました

こんにちは。takuma@takuma3104 といいます。デイサービスとショートステイの生活相談員をしています。

先日、5歳になるうちの長男がADHDと診断を受けました(当時4歳)。ここでは、診断に至るまでの経過を、これまで父親としての長男への思いを書きたいと思います。

きっかけ

わたしの長男は2021年現在で5歳です。保育園に通っています。話は2019年にさかのぼります。

このとき長男は3歳。0〜2歳までの子が一緒に過ごす小規模な保育園から、人数の多い本園に移りました。いままでの少人数でこじんまりした環境から、大勢での集団へと環境が変わったのが、ADHDに気付くきっかけとなりました。

2019年の5月ごろ、保育園の先生からわたしの妻に話がありました。長男は活発です。たた、それがどうも人よりも活発過ぎるようなのです。大勢での集団生活になじめずにいるそうだということでした。

保育園での長男は、まぁ落ち着きがないようで、時には他の子を叩いてしまうこともあるよう。「通り魔みたいにお友だちを叩いていく」という保育園の先生のきつめの表現に、思わずうちの妻は泣いてしまったそうです。

それでまぁ、保育園の先生からのすすめもあり、「一度相談に行ってみようか」ということで、市の子ども発達センターに電話を入れました。電話では「まずは検査の予約から」という説明を受け、その場で予約。約2ヶ月後の7月に検査を受けることになりました。

検査

7月。検査の日です。発達センターを訪れ、長男は「新版K式発達検査」という検査を受けました。運動、認知、言語の機能を調べる検査なのだそうです。ほうほうなるほど。世の中には知らないことがたくさんある。

検査の結果、視覚情報のほうが聴覚情報よりも強いと説明を受けました。ほうほうなるほど。

「目からの刺激に影響を受けやすいから、ごはんの時はおもちゃを布で隠して見えなくして、目からの刺激を少なくしてあげるといいですよ」ってアドバイスを、そのときに受けました。

「初めてのところでは緊張しているようですが、それが照れ隠しのように動きや行動として出ているようです。決してちょっかいを出したいわけではなく、何かしら本人なりの理由があって、行動に出ているのでしょう」というアドバイスも受けました。

その後、月に1回の発達支援教室を希望するかどうかを聞かれました。市の事業でありお金はかからないとのこと。妻と相談し、「希望します」と答えました。

教室に通うためには、一度医師の診察を受ける必要があるそうです。診察の上、クラスが決まるとのこと。「希望しなければ診断は出ませんから」なんてちょっと意味深な話も、そのときにありました。医師の診察は予約がいっぱいとのことで、診察の日は3か月後の10月になりました。

診察

10月。診察の日がきました。

ですが、このときは「ADHD」という確定診断が出ることはありませんでした。

医師からも、「発達支援教室を希望するかどうか?」と聞かれたので、「希望します」と答えました。そんなわけで、月に1回の発達支援教室に通うことになりました。

「発達支援教室に通うことを全肯定できていたか?」と聞かれたら、それは「NO」です。正直、一抹の不安はありました。「ふつう」の子と違うのかな?っていう気持ちはありましたね。

ただ、それよりもはるかに期待のほうが大きかったです。それは今でも変わりません。

安直かもしれませんが、これは長男の長所だと感じたからです。苦手なことがあるほど、得意が際立つじゃないですか。

毎月1回教室へ通う

発達支援教室は、11月から毎月1回のペースで通うことになりました。

わたしと妻はシフト制の仕事をしているので、あらかじめお互いの休みを合わせて、教室に通いました。

担当の先生が2人ついてくれて、毎月45分、つきっきりで関わってくれます。

教室に入ると、まずはイスに座って簡単なお勉強。感想としては、「けっこう集中して取り組めてるなぁ」といった感じです。これがだいたい15分。

そのあとは、体を動かす遊び。トランポリンとか、平均台とかをやっていました。これはだいたい10分くらい。これまた楽しそうに取り組んでいました。

そのあとの時間は、自由遊び。教室にあるおもちゃを使って、先生と一緒に好きに遊んでいました。

2度目の検査

2020年8月、再度検査を受けました。この前もやった、新版K式発達検査です。知能的な発達の遅れはないものの、できることとできないことの差が極端である、との結果でした。

視覚優位なのも変わらずです。

2度目の診察そして診断

2020年10月。再度医師の診察を受けました。

そこで、「ADHD」という診断を受けました。

診断が下りたことで、他の子とは違うんだ、「ふつう」じゃないのかなぁなんて気持ちがよぎることもありますが、そもそも「ふつう」という概念なんてないわけですから。

むしろ、早いうちに自分の持つ武器に気付けたわけですから。

今後の人生において、大いに武器として活用していってほしいなって思ってます。

そして、親としてはできる限りのサポートをしていきたいと思います。そのために、ADHDの知識は最低限入れておきたいものです。