生活相談員研究室

【生活相談員】デイサービス・ショートステイ新規利用までの流れ

こんにちは

生活相談員のtakuma@takuma3104 です。

今回は、実際にうちのデイサービス・ショートステイで行われている、サービス新規利用までの流れをまとめてみました。

① ケアマネからの依頼

(1)ケアマネから新規利用の相談を受ける

ケアマネから「新規で利用したい方がいる」という旨の相談を受けます。

ケアマネからでなく直接本人・家族から利用の依頼があった場合は、担当のケアマネに報告の上進めます。

 

(2)本人の状態、希望の利用日、自宅の場所など情報収集

医療行為や送迎距離などによっては、サービスの利用が難しい場合があります。

確認し、対応不可の場合はその旨を説明します。

 

(3)本人面談の日程を調整する

うちの場合、相談員もシフトで勤務しているので、相談員専用のカレンダーで相談員全員の予定が把握できるようにしています。

面談の日程が決まったら、そのカレンダーに予定を記入しておきます。

 

面談後は相談員が面接調査票を作成し、施設内の稟議を経て利用の可否を決定します。

 

② 本人面談

・事前準備物 … パンフレット、料金表、ちらし、未記入の面接調査票、地図

可能であれば事前にケアマネからフェイスシートをもらい、情報を確認しておきます。

ケアマネからのフェイスシートは重要ですが、ケアマネの視点での情報です。

自分の目で見て耳で聞いて、相談員の視点で面談し確認する必要があります。

ですので、フェイスシートの情報は鵜呑みにしないようにしています。

 

③ 面接調査表作成

面談の情報を元に、所定の書式に落とし込みます。

相談員リーダーへ報告、確認をしてもらいます。

相談員リーダーは施設長へ報告、確認をしてもらい、利用の可否を判断します。

利用が不可と判断された場合は、速やかにケアマネへ報告します。

 

デイサービス・ショートステイリーダー、他相談員へ報告、確認をしてもらいます。

担当ケアマネへ報告し、担当者会議、契約日を決めます。

個人ファイルを作成します。

 

④ 担当者会議・契約

・事前準備物 … 契約書2部、緊急連絡先記入用紙、持ち物案内、料金表、連絡帳、連絡袋

重要事項の説明、契約をします。

初回利用日、利用回数等を決めます。

ケアプランを確認します。

各部署へ新規利用の申し送りをします。

食事箋を厨房へ提出します。

会議録の作成をします。

『ワイズマン』へ利用者情報を入力します。

 

⑤ 個別援助計画書作成

ケアプランと面接調査表を元に、所定の書式で作成します。

初回利用日までに作成します。

初回利用前に、本人・家族へ確認、書名、捺印をしてもらいます。

一部は本人・家族へお渡しし、もう一部は個人ファイルに綴ります。

 

⑥ 新規利用開始

どの利用者と話が合いそうか、どのあたりの席にするか、準備しておくことはないか、医療面での対応が必要かなど、デイサービス・ショートステイ・看護職員と事前に話し合っておきます。

当日の朝礼で、利用者情報、配慮すべき点、利用に至る背景など、重要なポイントを申し送りします。

初回利用時の送迎は、相談員が行います。

(本人と面識があり、その時点で本人のことを一番把握しているため。)

利用中の様子に気を配り、快適に利用していただくために必要な対応を考え、実行します。

 

⑦ 利用状況報告

初回利用時の食事、トイレ、入浴、体操・レクリエーション、歩行の様子、夜間の様子、他者との関わりなどを把握し、所定の書式に入力します。

デイサービス・ショートステイで撮影した写真からよいものを選び、所定の書式に添付します。

家族用、ケアマネ用を作成します。

(コピーを個別ファイルへ綴る。)

(作成が可能なら)帰りの送迎時にご家族様にお渡しします。

お送りした際に、ご利用の様子をご家族様へ口頭で説明します。

ケアマネへ連絡し、ご利用の様子を伝えます。

後日、初回利用報告書を持参して報告します。

 

 

【生活相談員】初回面接における3つのポイントを解説します生活相談員の仕事のひとつに、新規利用者の初回面接というものがあります。 これは、利用者側と施設側の初顔合わせの場であり、今後サービス利...
【生活相談員】サービス担当者会議で何をするの?3つのポイントを解説これから生活相談員として働く方の中には、サービス担当者会議(担当者会議)という言葉を初めて耳にする方もいらっしゃるのではないのでしょうか...